三和建設株式会社は土木工事及び建築工事を専門とする総合建設業です。
TEL 0966-24-6151 
〒868-0035 熊本県人吉市五日町26-5

 昭和25年の創業以来、この人吉球磨に根差し、地場産業として歩んで参りました。幾多の変動を乗り越えて、今、われわれはその「存在意義」自体を問われるような激動の時代を迎えています。
 建設業は、地方を支える地場産業であります。新しい時代の地場の建設業には、新しい使命、新しい存在意義があるはずです。
 弊社の名前でございます「三和」の「三」は、「売り手よし、買い手よし、世間よし」のいわゆる「三方良し」と同じ思想にあるものです。時代がいかに変わろうとも、その時代に生きる多くの人に貢献できる存在であれば、必ず生き残っていけるはずです。
 今一度「三和」に込めた意味を見つめ直し、時代に合った「新しい価値」を「新しい使命・存在意義」を見つけるべく、懸命に努力していく所存です。

                                   三 和 建 設 株 式 会 社
                                    
代表取締役  佐藤 圭

 
 
三和建設が目指すもの - 「あの会社で働いている人は楽しそうだ。」「あの会社はいい会社らしい。入りたいな。」そんな評判が立つような会社を目指したいと考えています。
「若い人が働きたいと思う会社」は「時代に合った会社」、つまりは、世の中に対して存在意義を十分に示せている会社だと思うのです。

顧客のニーズに対してきちんと答えられているからこそ、売上が上がり、顧客が生まれ、利益を出し、税金を納めることができる。顧客もさることながら、そこで働くスタッフも喜びを感じ、取引先、地域にも貢献できる。まさに三方良し=「売り手よし、買い手よし、世間よし」の企業であれば、若い人に自信をもってアピールできる。
建設業は、まだまだ新しい光を当てる箇所が多くあると確信しております。その仕事のすばらしさをアピールしきれてないし、もっと「改革」「改善」を積み重ねていけば、よりいい職場になれると思うのです。さらには「環境分野」「農業分野」「観光分野」など、まだまだわれわれにはチャレンジできるフィールドはたくさんあると考えております。
  私どもは片田舎の小さい会社です。「100年に一度の変革期」と言われ、さらには先行きの不透明さも相まって、厳しい経営環境です。しかしながら、「粗にして野だが卑ではない」の言葉を思い起こし、「志」は大きく、世の中の流れから「顔」を出せるような「輝き」を放てば、ひとりでも多くの若者が「入りたい」と思ってくれると信じております。
 
copyright©2019 MITSUWA CONSTRUCTION